育毛に良いとされる成分の亜鉛の効果を調べてみました

亜鉛で育毛

AGAという言葉がメディアなどでも広く取り上げられるようになりました。男性型脱毛症のことで、頭頂部や額の生え際の所の髪の毛が薄くなってしまう、男性特有の薄毛現象のことをさします。

 

このAGAになってしまうのは、男性ホルモンの影響です。テストステロンが5αリダクターゼという酵素とくっつくことで、ジヒドロテストステロンに変身します。このジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を邪魔する作用があって、その結果薄毛になってしまうというわけです。このAGAに対して一定の効果が期待できる成分の中の一つに、亜鉛があります。

 

亜鉛と男性ホルモンの関係

亜鉛と男性ホルモンの関係

亜鉛はミネラルの一種で、先ほど紹介した5αリダクターゼの活用を阻害する効果があるといわれています。5αリダクターゼが活発に働かなくなれば、ジヒドロテストステロンの発生を抑制でき、結果的には抜け毛の症状を抑えられるのではないかというわけです。ちなみに亜鉛と男性ホルモンの関係性に関する実験は行われています。
その中で、亜鉛を摂取させたところ、血中のテストステロンの値が倍に跳ね上がったといいます。ジヒドロテストステロンが生成されるのは、もともとテストステロンが不足していることでより強力な男性ホルモンを生み出す必要があるからでした。ところが先ほどの実験結果を見てみると、亜鉛を摂取することでテストステロンの量が急増し、ジヒドロテストステロンを生成する必要性がなくなります。その結果、5αリダクターゼの働きも弱くなって、ジヒドロテストステロンも生成されにくくなるのではないかという仮説があります。もし亜鉛を摂取して発毛効果を高めたいのであれば、ビタミンB6と一緒に摂取した方が、より5αリダクターゼの阻害効果が期待できます。

亜鉛とノコギリヤシ


ボストンボストン


ボストン公式サイトへ